油性ペンで浮気調査

自分でできる浮気調査の方法は数あれど、今回紹介するのはちょっと変わっています。
油性のペンを使った浮気の調査方法です。

旦那が浮気をして帰って来たとします。ということは、ホテルか浮気相手、愛人の部屋かで、お風呂に入った可能性が高いと言えるでしょう。

お風呂に入ったかどうかを見分けるために、油性ペンを使うのです。旦那が出かける前に、背中などにペンでなにかマークを書くのです。旦那が裸で寝ているのなら簡単に書けるでしょうが、そうでなくても寝ている間に書くのが一番バレないと思います。

そして旦那が帰って来て、お風呂に入る前に背中をそれとなくチェックしてみましょう。脱衣所をさりげなく覗く感じですね。
書いたはずのマークが消えていたら、外でお風呂に入って来たと考えられるというのが今回の浮気調査方法ですが、もちろん他の要因でマークが消えることも充分考えられます。
また、お風呂に入ったとしても、シャワーくらいでは消えない場合もあるでしょう。それは旦那がどのくらい体を洗うのかに大きく左右されます。
なので、家でお風呂に入るとどのくらいマークが消えるのか、テストしておく必要があるでしょう。

あと、夏などは汗で消えることも考えられるので、できるだけ毎日書いて、普段と違う消え方の場合には、それとなくその日に何があったのか聞いてみましょう。

汗臭くないのに、マークが消えていたら、お風呂の可能性が高いですね。

その他の注意点としては、Yシャツがマジックでよごれないように気をつけて下さい。
白いYシャツなどの場合にはお尻とかの方がいいかも…。

ところで、あなたは男が浮気をする本当の理由を知っていますか?→こちら
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。