くつしたで浮気がバレる!?

 浮気の調査や浮気チェックの基本として、相手がいつもと違うところを探すというのがありますね。
いつもと違う時間に帰ってくるのはもちろん、いつもと携帯電話の料金が高くなっていたり、いつもと違ってやさしくなったり…などなど、この「いつもと違う」というのは、疑うのに充分な要素ではあります。
でも間違ってはいけないのは、だからと言って、それが即「浮気をしている!」にはならないということです。
あくまでも、「なんだかおかしいな。もうすこし気をつけてみようかな。」というレベルでしかないのです。

 浮気の疑いが濃いのなら、思い切って探偵に頼もうと思う人もいるかもしれません。でも、その前に、自分でできることは無いでしょうか。
インターネット上には、素人でも浮気の証拠を押さえれるマニュアルなどが存在しています。

また、彼の浮気ぐせを治す方法なんていうのもありました。→こちら


 探偵に頼むよりもおおごとにはならないので、もし浮気をしていなくても、気まずく無いはずです。

探偵に頼んだのに浮気をしていなかったらさすがに気まずいですよね。

 さて、今回紹介する浮気チェック法は、相手のいつもと違うところを探す方法の一つですが、意外と盲点だと思います。
パンツが裏返しだったとかは、ドラマでよくありそうな設定ですが、さすがにそんなことはまず無いでしょう。
でも、靴下なら?

 これは、靴下が裏返しとか馬鹿げたことではありません。
「靴下のゴムのあと」をチェックするのです。
もしも相手が浮気をして、ホテルや浮気相手の部屋へ行っているとしたら、その間靴下を脱いでいる可能性が高いです。
すると、当然あるはずの靴下のあとが無くなるのです。

 仕事から帰って、一日中履いていた靴下を脱いだはずなのにゴムのあとが無い!という場合は靴下をどこかで脱いでいたかもしれないということですね。

 当然個人差や靴下によってもゴムのキツさなどもありますので、一概に決めつけないようにしなくてはなりませんが、ちょっと気をつけてみてはどうでしょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。